ようこそ、円山貫フォトギャラリーへ。

 

感じなければ撮影できない。考えなければ撮影しても意味がない。

何かを感じてまず撮る。撮った写真を見る。見た写真について考える。また撮る。その繰り返し。

写真撮影は、世界をより深く見るための手段であり、写真はその結果、と考えています。

わかりにくいと評される写真が多いのですが、答えを提示するよりも、問いを発するような写真を目指しているせいかもしれません。
それでも何かを感じて頂くことができれば、幸いです。

Welcome!

 

 to Kan MARUYAMA  photo gallary,

 

 



NEWS